お知らせ

更新日:2021年3月15日
第29回環境化学討論会開催のお知らせ

日時:2021年6月1日(火)~6月4日(金)
場所:千里ライフサイエンスセンター(大阪府豊中市新千里東町1-4-2)
開催方式:ハイブリッド方式(3密を可能な限り回避した会場参加型とWeb参加型を参加申込時に選択いただく予定です。)

新型コロナウイルス感染の状況により変更が生じる場合もありますので、詳細や最新情報は第29回環境化学討論会ホームページでご確認ください。

更新日:2021年4月1日
●2021,2022年度評議員について

選挙および会長推薦により2021,2022年度評議員が決定しましたのでお知らせいたします。

更新日:2021年4月23日
●2021年学会賞について

みなさまからご推薦いただきました学会賞について表彰委員会において審査を行いました結果、下記のとおり決定されましたのでお知らせいたします。
授賞式および功績賞と学術賞の受賞講演は6月3日(木)に第29回環境化学討論会内で行われます。

第30回環境化学功績賞
◇有薗 幸司(熊本大学)
受賞業績:「環境化学物質の生体影響評価に関する先駆的研究による環境化学への貢献」
第30回環境化学学術賞
◇大塚 宜寿(埼玉県環境科学国際センター)
受賞業績:「ダイオキシン類をはじめとする有害化学物質の測定と環境動態の解明に関する研究」
第1回環境化学進歩賞
◇頭士 泰之(産業技術総合研究所)
受賞業績:「二次元分離及びノンターゲット分析法による混合物の分析・データ解析・リスク評価手法に関する研究」
第28回環境化学論文賞
◇受賞論文:「国内都市域の水環境中における生活由来化学物質の環境実態解明及び生態リスク評価」(環境化学 Vol.30, pp.37-56, 2020)
西野 貴裕、加藤 みか、宮沢 佳隆、東條 俊樹、市原 真紀子、浅川 大地、松村 千里、羽賀 雄紀、吉識 亮介、長谷川 瞳、宮脇 崇、高橋 浩司、片宗 千春、et al.
第30回環境化学技術賞
◇受賞論文「環境DNAメタバーコーディングを用いた河川における魚類調査手法の検討と水質による影響の解析」(環境化学 Vol.30, pp.125-132, 2020)
平川 周作、松木 昌也、古賀 敬興、柏原 学、古閑 豊和、宮脇 崇、石橋 融子、et al.
更新日:2021年3月15日
●国際企画部会からのご案内

下記の通りWebセミナーを開催いたします。

タイトル:PFAS and AFFF contamination: chemical identification,source identification, and environmental health
日時:2021年5月26日(水)17:00~19:00(GMT+9)
参加者:どなたでも参加できます
参加費:無料
場所:オンライン(Zoom)
詳細、参加登録はこちら

更新日:2020年10月1日
●日本環境化学会、日本環境毒性学会、日本内分泌撹乱化学物質学会による連合大会の検討開始についてのお知らせ

このたび、日本環境化学会と比較的近い問題意識と異なる分野とを持つ日本内分泌撹乱化学物質学会(環境ホルモン学会)と日本環境毒性学会と連携し、3学会の大会を同じ場所、同じ日時での連合大会を行う可能性について検討を開始することで3学会で合意しました。

他機関からのお知らせ更新日:2021/4/16

公募案内更新日:2021/4/16

賛助会員からのお知らせ更新日:2021/4/12