第27回環境化学討論会

更新:2017年8月28日

お知らせ

8/28更新NEW

開催要領

来年の討論会は討論会初の沖縄開催です!! 第5回討論会のハワイには及びませんが、南国沖縄らしい討論会ができればと考えています。

主 催 一般社団法人 日本環境化学会
(Japan Society for Environmental Chemistry)
後 援 沖縄県、琉球大学
協 力 The Royal Society of Chemistry(英国王立化学会)ほか(予定)
連絡先 第27回環境化学討論会事務局
〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-18-3 小川ビル3F
TEL: 029-886-3185 FAX: 029-886-3186
Email: touron@j-ec.or.jp
会 期 2018年5月22日(火)~5月25日(金)
※21日の晩のウェルカムパーティーにも是非ご出席ください。
会 場 沖縄県市町村自治会館
〒900-0029 沖縄県那覇市旭町116-37
【アクセス情報】
http://okinawa-jichikaikan.com/?page_id=136
※那覇空港より、モノレールで旭橋駅まで約11分、モノレール旭橋駅より連絡通路直結徒歩約5分
申込方法

講演申込に関しては、インターネットサービスを利用する予定です。申込方法の詳細は、討論会ホームページに掲載します。

申込期限
1)講演登録・講演概要提出 2018年2月19日(月)(予定) 準備中
2)2ページ要旨提出 2018年3月19日(月)(予定) 準備中
3)事前参加申込 2018年3月19日(月)(予定) 準備中
4)事前参加振込 2018年3月26日(月)(予定) 準備中
5)当日参加申込 当日会場で受付けます。 準備中
参加費 追ってお知らせいたします。尚、学生会員の参加費は無料です。会員として参加登録を希望される場合、平成30年度からのご入会でも結構ですので是非ご入会ください。
発表形式 口頭発表(日本語・英語)およびポスターセッションで行います。今年は会場の都合によりポスターの掲示は発表当日のみとなり、各日張り替えとなりますことをご了承ください。発表方法の詳細は,次号に掲載する予定です。
内 容 大気、水質、土壌、生物、廃棄物、食品、生活用品などの分野で、動態、分析、反応、物性、毒性、衛生、処理、情報、観測などの観点から、化学物質による汚染や環境計測・保全・改善・毒性影響評価等に関係する研究発表を対象とします。
沖縄の環境問題に関する講演とパネルディスカッションを計画しています。
発表時間 口頭発表は演題1題あたり15分(討議時間を含む)、ポスターセッションは1~2時間を予定。
沖縄セッション 沖縄の環境問題に関する講演とパネルディスカッションを計画しています。
ドレスコード かりゆしウェアでの参加を推奨致します。
ウェルカムパーティ 21日(月)夕方から参加費無料のウェルカムパーティーを予定しておりますので是非ご参加ください。詳細は追ってお知らせ致します。
交流会 詳細は次号でお知らせいたします。
自由集会
フリーミキサー
22日(火)夕方から6会場を予定しています。企画をお持ちの方は討論会事務局までご連絡ください。詳細は次号でお知らせいたします。
優秀発表賞 今年は若手研究者と学生を対象とした優秀発表賞に加え、学生を対象にした企業冠賞を計画しています。また英国王立化学会(RSC)賞も準備されています。学生の皆さんの参加をお待ちしています。尚、賞へのエントリーには平成30年度の会員資格が必要です。入会手続きはお早めに。
エクスカーション 世界遺産の座喜味城祉、マングローブ、海水淡水化施設、地下ダム、平和の礎、西普天間地区、普天間基地などを巡るツアーを検討しています。詳細は追ってお知らせ致します。同伴者の参加も可能です。
展示会 製品及び技術、書籍、研究機関及び大学等をPRする場として、カタログ及び資料類の展示会ならびに企業セミナー(ランチョンセミナー)などを開催します。
詳細は追ってお知らせ致します。
託児施設 会場内に託児施設はございませんが、会場から徒歩10分、車で数分の託児施設(3か月~4歳児まで可)をご紹介致します。また費用の補助をいたします。
詳細 は討論会事務局までお問い合わせください。施設には定員がございますので早めにご相談ください。

第27回環境化学討論会実行委員会

実行委員長 門上 希和夫(北九州市立大学)
副実行委員長、実行委員は次号に掲載予定です。