第60回 日本環境化学会講演会

第60回日本環境化学会講演会

更新日:2018/10/02

お知らせ

2018.10.02
開催概要を掲載しました。

開催概要

「海洋プラスチック汚染の環境化学」
開催日時 2018年12月6日(木)10:30~16:30(予定)
開催場所 日比谷図書文化館 (B1F)日比谷コンベンションホール
https://www.library.chiyoda.tokyo.jp/hibiya/#access
定員 100名
対象 環境化学のバックグラウンドのある研究者、関連企業や行政の方が対象です
主催 一般社団法人日本環境化学会
参加費
  • 会員 1,000 円 (税込)
  • 学生会員 無料(入会はこちら
  • 非会員 5,000 円 (税込)
  • 非会員学生 1,000 円 (税込)
参加方法
  • 参加登録システムは11月1日から11月30日までオープンいたします。オンライン決済をご利用いただけます。
  • 支払い方法に関わらず領収書は当日会場でお渡しいたしますので、できる限りオンライン決済でお支払いください。
  • 講演予稿集はダウンロード版となります。参加費入金済みの方に講演会の1週間前にダウンロードをご案内いたします。
  • 当日参加の場合は会場でのダウンロードも可能ですが、プリントサービスはございません。
  • 当日はプログラムのみの配布となりますのでご了承ください。
講演会概要 海洋プラスチック汚染に関する社会的関心も高まり、使い捨てプラスチックに対する対策も世界的に進められている。一方、汚染の実態把握、特に微細なプラスチック(マイクロプラスチック)の計測法は未だ開発途上である。海洋プラスチックが疎水性有機化合物を吸着・濃縮していること、マイクロプラスチックとなっても添加剤が残留していること、そしてそれらが摂食した生物に移行することはわかってきたが、その広がりや生物影響については、未解明な点が多い。マイクロプラスチックの計測法とプラスチックを介した有害化学物質の生物への曝露・影響はまさに本学会の研究課題である。本講演会では、マイクロプラスチックを環境化学的な立場から研究する研究者が最新の研究成果を持ち寄り、議論し、最新の到達点を確認し、今後の方向性を議論する。
プログラム 追ってお知らせいたします。
問合先 一般社団法人日本環境化学会 事務局
〒305-0074 茨城県つくば市高野台3-18-3 小川ビル3F
TEL: 029-886-3185、 FAX: 029-886-3186、 E-mail: group@j-ec.or.jp

会場案内

千代田区立
日比谷図書文化館 (B1F) 日比谷コンベンションホール
住所:千代田区日比谷公園1番4号
日比谷図書文化館 (B1F)日比谷コンベンションホール(千代田区日比谷公園1番4号)

[電車をご利用の場合]

※駐車場はございません。